採用情報

臨床研修医からのメッセージ

当院で臨床研修を行った研修医からのメッセージです

 

臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年9月1日~30日
 佐賀県医療センター好生館 K.M


 佐賀県医療センター好生館から地域医療研修として1ヶ月間、主に一般内科外来と循環器内科で研修させていただきました。まず、外来研修では主に定期受診の患者さんを診させていただく機会が多く、私にとってはとても新鮮でした。というのも、普段の研修病院では当直業務として救急外来で新患として診察することが圧倒的に多いため、定期受診ではより患者さんの普段の生活や環境に踏み込んだお話をすることができ貴重な経験でした。

 次に、地域医療研修の一環としてまつら荘の見学と訪問看護に同行させていただいたことがとても印象的でした。まつら荘では医療保険と介護保険の違いやコロナ禍における運営の変化など貴重なお話を聞くことができ、入院時に担当させていただいた患者さんが退院後にご自宅やご家族の元へ帰られるまでの過程について考える機会をいただきました。さらに、訪問介護では実際に退院された後の暮らしにおいて利用できる医療介護資源や在宅における生活の工夫などを学び、各患者さんとご家族に寄り添ったプランを提供する難しさを知りました。加えて、循環器内科においても心エコーやカテーテル検査など先生方の手技に参加させていただき大変勉強になりました。

 ご指導いただいた先生方のみならず、コメディカルスタッフの皆様に優しくお声かけいただき、楽しく研修生活を送ることができました。コロナ流行期であったことから唐津の街をお腹いっぱい散策する機会がわずかであったことが少々心残りではありますが、唐津の綺麗な景色と温かく見守ってくださる皆様に囲まれたこの1ヶ月は大変貴重な経験になりました。1ヶ月間お世話になりました、ありがとうございました。

 

 

臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年9月1日~30日
 済生会福岡総合病院 S.K


 済生会唐津病院では1ヶ月間、脳神経外科を中心に研修をさせていただきました。脳神経外科では手術、病棟管理だけでなく夜間の救急対応まで経験することができ、症例を通して様々なことを学べたとても良い研修になりました。また、同じ手術でも施設ごとにやり方が異なっており、普段と異なる施設で手術に助手として入り見て学べた事はとても貴重な経験になったと思います。

 地域医療研修としては七山診療所で研修をさせていただきました。七山診療所での診療では山間部の患者さんの巡回診療を行いましたが、普段の診療の様に諸検査による客観的データをもとに判断が出来ないため、身体所見や患者の訴えだけの情報をもとに診療する事の難しさを学ぶ事が出来ました。

 済生会唐津病院ではすれ違うスタッフ全員が挨拶をしてくださり、またスタッフ間のコミュニケーションも多くとても働きやすい職場でした。1ヶ月という短い期間ではありましたが、研修を受け入れ教育的に指導してくださった脳外科の先生方、その他病院や関連施設のスタッフの方々には感謝申し上げたいと思います。

 

 

臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年8月1日~31日
 佐賀県医療センター好生館 N.E


 済生会唐津病院では、循環器内科を中心に研修をさせていただきました。心臓カテーテル検査やペースメーカー植込み術などにたくさん参加させていただき、上級医の先生のご指導の下、実際に穿刺やSwan-Gantzの挿入などの手技も経験することができました。また好生館ではあまり見学する機会がなかった心臓超音波検査や頸動脈超音波検査も見ることができ、実際に患者様に当てる機会もいただきとても勉強になりました。

 また、大変お忙しい外来診療の中で、地域研修として研修医にも外来診療をする機会をいただきました。そこでは、生活習慣病の管理を始めとする定期外来を初めて経験し、地域に寄り添った診療・かかりつけ医師の役目を学ぶことができました。また、めまい、吐き気、心窩部痛、失神精査、薬剤性の下腿浮腫など様々な主訴を持った新患患者様の診療も経験することができました。普段経験していた救急外来とは違い、緊急疾患の除外だけではなく、より患者様の苦痛緩和や原因究明に焦点を当てた介入が必要だということを学びました。その他、まつら荘やめずら荘、訪問看護の研修を通して、急性期病院に入院していた患者様がどういう経緯で自宅や施設に帰っていかれるか、またそこにたくさんの医療スタッフの方が介入していることを知ることができ、とても良い経験となりました。

 1ヶ月間大変お世話になりました。済生会の全職員の皆様に心より感謝申し上げます。

 

 

臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年8月1日~31日
 済生会福岡総合病院 H.R


 済生会福岡総合病院から地域医療研修の一環として済生会唐津病院にて消化器内科を1ヶ月間研修させていただきました。済生会では検診やEMR・ESD、胃瘻造設等と幅広く研修を行い、内視鏡による診断的治療といった側面の魅力を深く感じた1ヶ月となりました。

 また七山診療所を訪ねさせていただき、訪問診療・巡回診療を通して、検査を多用できない地域において方針決定のために問診・身体診察が重要であるという医学の基礎の重要性を再認識すると共に、検査を用いた診療も容易ではない環境で地域医療に従事する先生の姿を見て感銘を受けました。

 この1ヶ月の研修は貴重な経験ばかりであり、この経験を糧にして今後の診療に携わっていきたいと考えています。今回の研修で心残りがあるとすれば、8月はCOVID-19肺炎が急激に増加してしまった時期で外出が困難だったため、唐津の街・食事を堪能できなかったことです。事態が落ち着いた時に、今度は観光も込めて再度訪れたいと思います。

 最後になりますが、お世話になった先生・スタッフの方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。

 

 

臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年7月1日~31日
 佐賀県医療センター好生館 T.G


 地域医療で7月の1か月間を済生会唐津病院でお世話になりました。1か月一般内科外来や新患外来を主に、循環器内科の手技等も勉強させていただきました。また、勤務後には先生方に美味しいご飯もご馳走になりました。

 まず、唐津という土地の印象としてとにかくご飯が美味しかったです。研修本来の目的から大きく外れているかもしれませんが、美味しいご飯を食べて仕事に対するモチベーションを保つのも自己管理の1つだと思います。逆に食事がモチベーションになるほど美味しかった、そんな印象を抱きました。ご馳走していただいた先生方ありがとうございました。

 また、普段は3次医療機関で研修していますが、圧倒的な違いとしては医師の数が少ないことです。そういった病院は指導してくださる先生方が少なく、十分な教育を受けることが難しいのではないかという先入観があり、研修先の病院を選ぶにあたって避けてきたのですが、実際に籍を置いてみると全く逆でした。医師の数が少ないからこそ、若手にもチャンスが回って来ますし、責任感も身に付きます。「積極性を見せれば勉強させてくれるよ」というのはどの病院でもそうだと思いますが、済生会唐津病院はその積極性を持たせてくれる病院だと肌身で感じました。

 実際に冠動脈造影検査をさせていただいたり、径胸壁心臓超音波を当てさせていただいたり、他にも無理を言って人工呼吸器の勉強をさせていただいたりと、とにかく勉強したいことをどんどん自ら学ぶことができた1か月間でした。食事も含めて“堪能“させていただいた1か月間でした。

 

 

臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年7月1日~31日
 済生会福岡総合病院 I.H


 7月に整形外科で臨床研修をさせていただきました。研修では一般整形外科外来を見学させていただいたり、外来をさせていただいたりする機会もあり、大変勉強になりました。また手術も実際にさせていただくこともあり、自分の未熟さを思い知らされると同時に、今後のモチベーションとなりました。 

 また、関連の介護老人保険施設や特別養護老人ホームの見学、訪問看護での研修もさせていただき、普段経験することのできない、地域での医療のあり方や退院された患者様達の生活を実際に少しですが知ることができて良かったです。

 最後になりますが、整形外科部長の米倉先生をはじめとした済生会唐津病院の職員の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年6月1日~30日
 済生会福岡総合病院 M.M


 6月の1ヶ月間、外科で研修をさせていただきました。毎日様々な手術に入らせていただき、ただ知識を得るだけでなく、手技や病棟管理など幅広く関わることが出来ました。初めて執刀させていただいた際には、助手の時は分からなかった難しさが分かり、今後につながる貴重な経験をすることが出来ました。

 また、七山診療所やめずら荘の見学を通して地域医療の研修を行うことが出来ました。特に七山のような地域では、普段の私が福岡で経験してきた医療とは異なる部分が多くとても新鮮でした。簡単には血液検査や画像検査は行えないため、問診や身体診察で得た情報が重要であり、患者の大部分を占めるお年寄りとのコミュニケーション能力の大切さを学ぶことが出来ました。

 最後に、このような状況の中で研修を受け入れて下さりありがとうございました。外科の先生方をはじめ、各科の先生方、病棟・オペ室の看護師の方、病院・関連施設職員の方々、この場を借りて御礼申し上げます。この1ヶ月で学んだことをこれからの診療に生かしていきたいと思います。

 

 

臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年6月1日~30日
 佐賀県医療センター好生館 O.T


 佐賀県医療センター好生館から地域研修として1か月間、消化器内科を中心に研修をさせていただきました。内視鏡室スタッフの方々のご協力のもと、内視鏡検査を経験させていただきました。慣れないことも多く最初は不安でしたが、先生方はじめスタッフの皆様にやさしく教えていただき、楽しく研修することができました。

 また、関連先の介護老人保健施設、特別養護老人ホームの見学、訪問介護に同行させていただきました。普段の研修では急性期を診ることが多く、慢性期の経過を学ぶ機会は多くないためとても新鮮な経験でした。

 済生会唐津病院のスタッフの方々は本当にやさしく温かい方ばかりで充実した研修を送ることができました。消化器内科をはじめとした各課の先生方、内視鏡室スタッフの方々、病院関連施設の方々にこの場をお借りし心より感謝申し上げます。この先こちらで従事することがありましたら、今回のお世話になった恩を返せるようこれからも精進していきたいと思います。本当にありがとうございました。

 

 

臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年5月1日~31日
 佐賀県医療センター好生館 G.Y


 5月に1か月間、地域医療と脳神経外科を回らせていただきました。脳神経外科では手術に入らせていただくだけでなく、脳卒中を中心に急患対応をさせていただきました。疾患のバリエーションも多く、その都度新しい知識を教えていただき、とても充実した研修になりました。来年以降に活かせるよう今後も頑張っていきます。

 地域医療研修では一般外来をさせていただき、よりcommonな疾患や病態に触れることができました。まためずら荘やまつら荘、訪問看護の見学もさせていただき、退院後の患者さんで自宅や施設で療養される方と病院をつなぐ仕組みを知ることができました。

 済生会唐津病院はどの職員間でも挨拶が飛び交い、気持ちよく研修できる環境でした。最後になりますが、熱心に指導してくださった脳神経外科の勝田先生、左村先生、髙木先生、内科の千布先生をはじめとした職員の方々、1か月間大変お世話になりました。誠にありがとうございました。

 

 

臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年5月1日~31日
 済生会福岡総合病院 K.Y


 済生会唐津病院では、循環器内科で1ヶ月間研修させていただきました。

 研修では、主に心臓カテーテル検査に参加させていただきました。はじめは手技がおぼつかない状態でしたが、先生方に丁寧にご指導いただき、多くのことを経験することができました。まだまだ未熟ですが、今後に活かすことのできる研修となりました。

 また、地域医療研修にも参加させていただきました。まつら荘、めずら荘、訪問看護での研修では、普段見ることのできない退院後の患者さんの経過について主治医の先生と情報を共有しており、慢性期まで含めた地域医療においてその重要性について知ることができました。

 さらに、七山診療所での研修では医師1人で地域住民全員の医療をカバーしているということを聞き、普段は感じることのできない医師偏在、無医村地区の問題について考える良い機会となりました。

 1ヶ月間という短い間ではありましたが、大変な時期に研修を受け入れいていただきありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。



臨床研修医【2年目】 研修期間:令和3年4月1日~30日
 済生会福岡総合病院 Y.S


 済生会唐津病院では1ヶ月間、地域医療研修として循環器内科を中心に研修させていただきました。済生会福岡総合病院で臨床研修をスタートしてから約1年がたち、初めて他の病院で研修することになりましたが、一番印象に残ったことは(諸先輩方には承知の事実かもしれませんが)「施設(病院)が違えば経験する疾患も異なる」ということでした。具体的には、福岡病院は福岡市の都心部に立地しており、ふだんは山間部に住む患者さんをみる機会のない中で、SFTSやツツガムシ病などの鑑別をあげるような症例に出会うことができました。また、福岡病院では膠原病などの自己免疫疾患の症例もあまり経験する機会がなく、唐津病院で自分がみたことのない疾患について実際の診療を知ることができました。

 施設が異なるという点では、規模の大きい病院では手技の出番に恵まれなかったりするものですが、唐津病院では循環器内科での心臓カテーテル検査や心エコー、他科の患者さんでも病棟での気管挿管やCVカテーテル留置などの手技を経験させていただき、自分が求める研修となりました。

 地域医療研修という点では、かつて無医村地区であった旧七山地区の七山診療所、済生会唐津病院の関連施設や訪問看護の研修も医療者として大切な経験となりました。これから医師として長い人生を歩む自分にとって、唐津で経験したことは必ず役にたつと思います。研修を受け入れてくださった唐津病院の全職員の皆様に心より感謝申し上げます。

 



●当院では臨床研修医を募集しています。病院見学を随時行っていますので、お問合せ等ございましたら下記までご連絡ください。

済生会唐津病院
〒847-0852 佐賀県唐津市元旗町817
事務部長 高森 TEL.0955-73-3175(代表)

 

採用情報一覧へ

インフォメーションInformation

社会福祉法人 恩賜財団 済生会唐津病院
〒847-0852 佐賀県唐津市元旗町817
tel. 0955-73-3175(代表)
[診療科目]
内科・消化器内科・神経内科・循環器内科・糖尿病内科・腎臓内科・外科・呼吸器外科・消化器外科・乳腺外科・血管外科・整形外科・脳神経外科・リウマチ科・耳鼻咽喉科・呼吸器科・放射線科・麻酔科・リハビリテーション科
[受付時間]
(午前の部)  8:00~11:30
(午後の部) 11:30~15:00
[診療時間]
(午前の部)  8:30~12:30
(午後の部) 14:00~17:00
※診療科によって受付時間・診療時間が異なりますので外来診療担当医表でご確認ください。
[消化器センター]
【診療日】  月曜~金曜
【受付時間】 8:30~10:30
[休診日]
土曜午後・日曜・祝日・年末年始(12/29~1/3)
※急患の場合はこの限りではありません
[面会時間]
14:00~20:00